風俗嬢のお話 ご案内いたします。

お酢で勃起

鼻の穴にお酢を流し込んで欲しいって言うお客さんがいまし
たよ。
筋肉隆々ボディビルダー体型だけど、身長が私より低い15
5センチぐらいの25、6歳の角刈り青年だったから、とても印
象に残っているわ。過去に自分でソース、しょうゆ、マヨネー
ズなどいくつもの調味料で試したんですって。まさに「SMの
さしすせそ」ね(笑)。
全裸のまま正座している彼のアゴをつかみ、顔を上げさせ、
彼が持参した真新しいお酢の栓を抜き、鼻の穴の中へ、ゆっく
りゆっくりと流し込んであげたの。
「ブホッ」
少し入れただけなのに、彼は100万ボルトの電流でも浴び
たように咳込み、体を反転させ、飛び上がったわ。
「フフフ」
私の中のSの血が騒ぎ出しましたよ。
今度は、彼を拘束椅子に縛り付け、完全にアゴを上げさせて
のお酢責め。
ゆっくり、たっぷりと流し込むと「ブボッーゲボッー」拘
束椅子が壊れんばかりの暴れぶりですが、さすがドM男、フル
ボッキ。繰り返すたびに絶叫!・ぐったり放心状態の彼だけど、
フルボッキ。素晴らしいわ。いろいろとM男の責め方、研究し
てきたけど、お酢責めはこの人ひとり。お寿司朧に入るたびに
彼のこと10秒だけ、思い出すわ。

妄想3P

熟年カップルで、私を入れて3P希望のお客さんは多いです
ね。
だけど、「布団とHをしているところを見ていてください」
つて言ってきたお客は初めてね。身長160センチぐらいで小
太りな人だったわ。
ラブホテルにある布団を、丁寧に丸めるのよ、簀巻きみたい
に。そしたら開かないように、部屋に置いてあるガウンのヒモ
で中央を縛るの。
さらにタオルも丸めて、丸めた布団の中央部分に。そのタオ
ルをねじ込むの。そうそう、布団のダッチワイフが完成なのよ。
布団(タオル)の中央部分にチ○コをゆっくり挿入。私の目
の前で、全裸になった彼は、私に何度も確認しながら言うの。
「見える?見える?・」
私か、彼の顔を見てあげると、本当にうれしそうだったわ。
挿入したら、鼻息荒く、汗をかきながら、腰を振り続けたの。
ひとりで布団に中だしして、ひとりでシャワー浴びて終了。
私は服も脱がないで、そこにいただけ。せめて、布団だけで
も、もとに戻しておこうかと、布団に手をかけたら「彼女は、
そのまま寝かせておいて」だって。
あとで聞いたんだけど、オナニー覚えたころから、ずっとこ
うして布団とHしているんだって。

M男に女王様は育てられる

肛門に60ワット形の電球を挿入したままMプレイを楽しんだ
40代のお客がいますよ。こちらはいつ破裂するかとヒヤヒヤも
のでしたが……。
私か、この業界に勤め始めた5年前の話なんだけど、お店に
来るなり、いきなりですよ、いきなり!目の前で全裸になっ
て、自ら100ワットの電球を挿入するんですよ。心のなかで
は「私を笑い死にさせる気かツー」つて感じでしたよ。
スムーズに電球を肛門にインしたかと思えば、電球が収まっ
ている肛門を突き出し、私に鞭でぶってほしいと哀願してきた
の。相手のM度を探るような感じで鞭をゆっくり振り落として
いったのね。流血なんてどうってことないけど、肛門の奥で破
裂したら、なにかと面倒でしよ。鞭の力の入れ方に緊張した覚
えがあるわ。
でも、彼の声、仕草などで、鞭の力の入れ方、リズム、場所
が明確にわかっていくのよ。不思議ね。ことなくプレイは終了。
あとで聞いたんだけど、SMクラブ通いは10年って言ってい
たかな。転勤でこちらに来たって言っていたわ。
M男に女王様は育てられるって本当ね。いい勉強になったわ。